自然から学ぶ体験

自然から学ぶ

「自然」というと、自分以外の草木や海山を思い浮かべる人が多いかと思います。

しかし、それだけではありません。

人間もまた、自然の一部です。

特に子どもは、大人以上に、自然に属しています。

例えば、早寝早起きをお勧めし、子どもの一日の生活リズムを整えましょうと言うのも、それが子どもにとって、自然なことだからです。

子どもたちが、いのちあるものだということを、まず根本に据えて、

そのいのちが健やかに育つのには、どうしたらよいかと、環境を整えました。

園舎の(硅藻土と木を主とする)素材や、丸みを持たせた形も、

「いのちあるもの」を大切にした結果です。

園庭は土で、はだしになっても心地よく、雨上がりにはどろんこ遊びが楽しめます。

庭の木に花が咲き、実が成り、それを味わいます。

土を掘りおこし、種をまき、芽が出る。

そして実った野菜をとり入れ、みんなでいただく。

ウサギに餌をあげ、抱き上げる・・・

こんな体験をとおして、いのちの不思議さ、もろさ、強さ、そして何よりも尊さを知ってほしいと願っています。

幼児期の子どもたちは、大人と違って、外の世界をそのままに吸収しています。

そういう時代だから、人も物も環境を整え、

いのちの共感の中で育っていってほしいと願うのです。